自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



鶴ヶ城 ~渾身の馬揃え~

Tsuruga_5.jpg


松平容保孝明天皇の存在みが
心のよりどころであった。
京都では、日に日に幕府、開国派、
会津藩が追いつめられていく。

初めて御所を参内した容保は、
建物としては会津若松城よりも
規模として劣る御所にも感激した。
これから帝に拝謁出来るのである。

Tsuruga_6.jpg


御簾を隔てて拝謁した容保は
雷に打たれたように動けない。
まして顔面蒼白である。

そんな容保に帝は親近感をおぼえた。

ある日、帝が、

・・・・「わしに望みがある」
    と廷臣に謀った。
    「音に聞く会津藩の練兵をみたい」・・・・


新装版 王城の護衛者 (講談社文庫) /司馬遼太郎 より抜粋

Tsuruga_7.jpg


天覧の馬揃えは、織田信長以来のことであった。

容保の采配によって自由自在に動く会津藩の練兵を見て、
帝は大満足であったという。

会津藩主 松平容保の生涯における渾身一滴の采配であったろう。

Tsuruga_8.jpg





スポンサーサイト

鶴ヶ城 ~士風ゆえ~

Tsuruga_1


幕末の京都。
無政府状態の都に民衆の歓喜の声が沸き上がった。

会津藩が京都守護職として常駐するのである。

当時の幕閣から藩風、教育水準、兵の強さを頼みにされ、
この大任に抜擢された。

Tsuruga_2.jpg


藩主は松平容保。
藩祖、保科正之がつくった家風は士風凛烈。
正に、将軍を守護するために武芸に励むというものであった。

しかし、京都守護職という名の非常警察の役目は、
長州、薩摩という役者を相手に険しい道となる。

文久二年、はるばる会津の鶴ヶ城を出発した藩士達は、
故郷に戻る日を夢見て王城の地を踏んだであろう。

かたや京の士民は、威風堂々と進んでくる会津藩の軍列を見物し、
その頼もしさに感激する。

・・・・「さすがは会津様や」
    と、沿道の士民のあいだでどよめく声がおこった。
    隊列はおよそ一里にわたっていた。
    京都人は、三百年来、はじめて屈強の軍隊というものを
    みたことになる。
    なにぶん幕末以前は、幕法によって諸大名は
    通過することさえ禁ぜられていた。
    正式に藩主が兵をひきいてやってきたのは、
    この日、会津藩が最初であった。・・・・


新装版 王城の護衛者 (講談社文庫) 司馬遼太郎/ より抜粋

Tsuruga_3.jpg


そして有名な唄が流行するのであるが、
時代の流れは期待だけでは変えることが出来なかった。

    会津肥後さま、京都守護職つとめます
    内裏繁昌で、公卿安堵
    トコ世の中、ようがんしょ

Tsuruga_4.jpg




江戸城 ~無血への陰謀~

edojo_17.jpg


鳥羽伏見で敗れた徳川幕府軍は、
将軍徳川慶喜の大坂脱出により
ちりぢりに江戸へ向かうことになった。

大政奉還によって
新政府がうちたてられたとはいえ、
箱根より東には江戸城もあり、
幕府歩兵、幕府海軍は健在であり、
はたまた新選組もいる。

edojo_19.jpg


新政府が掲げる錦旗に抗えない慶喜は、
「江戸無血開城」を幕臣勝海舟にゆだね、
上野で謹慎した。

一方の官軍は、旧幕府の残党を壊滅せねば、
新体制を揺るぎなきものに出来ないと考える。
そこには当然のように「江戸城総攻撃」が念頭にあった。

そこで勝海舟の秘策が動いた。
江戸に集まっている戦力を散らすことであった。

新選組の近藤勇には、甲府城へと動かしめた。
幕府海軍には函館へ向かわせた。

edojo_18.jpg


しかし幕府陸軍だけは江戸城明け渡し直前に
籠城戦を行うという計画があるらしい。

しかし、その幕府陸軍も消えた...

・・・・ともかく、あれだけの旧幕府陸軍が、
    一夜で江戸から消滅するのである。
    この一事から考えても、その消えっぷりは
    みごとというほかない。・・・・


花神 (下巻) (新潮文庫) /司馬遼太郎/より抜粋

江戸城での戦火は避けられたが、
血を求めて舞台は奥州へと向かう。

edojo_20.jpg





江戸城 ~唯一の勇士~

edojo_13.jpg


彦根の赤鬼と言われる井伊直弼を討つために、
薩摩藩士有村治左衛門は江戸へ来た。

秘密裏に進められていた水戸藩、薩摩藩の
井伊斬奸計画だったが、日を追うごとに
薩摩藩士が次々と脱けていき、
治左衛門ひとりが唯一の薩摩藩士となった。

edojo_14.jpg


治左衛門はまだ二十歳そこそこの若者で、
普段はぼんやりしているところもあるが剣の腕は立つ。
さらに詩を書かせると激越な詩をつくる。

そんな治左衛門がこう言った。

・・・・「自分ひとりが参加するだけでも、
     水薩義盟に対する薩人の誠意が後生に
     疑われずに済む」

     (中略)

    「私は井伊の行列にまっさきに斬り込み、
     島津家四百年の武勇を代表したい」・・・・


幕末 (文春文庫) 桜田門外の変/司馬遼太郎/文春文庫 より抜粋

edojo_15.jpg


水戸の同志達は、治左衛門の志に打たれ、
また、後の倒幕運動のためにも
薩摩藩に花を持たせるということで一同賛同した。

みな治左衛門に好意的であった。

そして三月三日雪の朝、治左衛門一統は桜田門外で悲願を果たした。
目撃者によると、直弼を討った者が薩音で高らかに叫んだと言われている。

しかし、重傷を追った治左衛門は和田倉門付近まで歩き、そして力尽きた。

edojo_16.jpg




FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。