自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



江戸城 ~開拓者の入城~

edojo_5.jpg


豊臣秀吉の小田原城攻めが終わる頃、
秀吉家康を連れ小便に誘い、
北条氏を滅ぼした後、
家康に関八州を与えると言ったという。

この言葉の裏の意味が怖いほど分かる家康にとっては、
苦渋の決断であった。

edojo_6.jpg


三河以来の家臣達は猛反発をしたが、
すでに、反抗を実現できる状況ではなかった。
家康秀吉に臣従したばかりであったのだ。

・・・・「居所ハ、江戸城然ルベシ」
    (中略)
    江戸しかるべしと秀吉が言ったのは、
    かれの貿易立国の思想から出ている。・・・・


街道をゆく〈36〉本所深川散歩・神田界隈 (朝日文芸文庫)
/司馬遼太郎/ より抜粋

この言葉で、秀吉に顔色の変化を
読みとられないようにしていた家康の脳裏に、
未来の繁栄都市の姿が一気に沸き上がった。

edojo_7.jpg


こうして不平を言う家臣を引き連れ、
粗末な江戸城に入った。

後に人口100万人を養う城下町は
ここから始まるのであった。

edojo_8.jpg




スポンサーサイト

江戸城 ~才能あるがゆえ~

edojo_1.jpg


・・・・道灌の名声の何割かは、
    かれが設計した斬新な構造をもつ
    江戸城が負っている。・・・・

箱根の坂〈中〉 (講談社文庫)/司馬遼太郎/より抜粋

北条早雲は太田道灌を尊敬していた。

山内上杉家、扇谷上杉家の両管領家の争いの中で、
太田道灌の名は際立って高かった。

edojo_2.jpg


歌人、武人、築城の名手として、
関東随一の者だった。

京の将軍、足利義政との謁見でも
その才能を発揮した。

その将軍が、北関東からの脅威のため
江戸に築城を命じたとも言う。

edojo_3.jpg


とにかく、江戸城を築城した道灌は、
主君、扇谷上杉定正のために、
惜しみなく働き続けた。

その才能がゆえに、扇谷上杉家は
太田道灌で保っているという評判が立ち始め、
やがて疑心暗鬼になった主君に殺される。

edojo_4.jpg


いつの時代でも、多くの人々に
期待される人物は志半ばでこの世を去る。



甲府城 ~異相の剣客の人生~

koufu_9.jpg


近藤勇は幼い頃から大名になることを夢見ていた。
少年の頃の名前は、勝太。
武州南多摩の百姓の子であった。

あるとき、祖父から、先祖は武士であったということを聞いた。
男である以上、「自分には戦国武将の血が流れている。」と思いたい。
そして、武士になる日を信じていた。

koufu_10.jpg


幼なじみの百姓の娘「おえい」に恋をしていたが、
その娘は先祖の主筋にあたるため、
自分は家来だと言うだけで進展はしない。

勝太は、いかつい顔を恨めしく思い、
いつしか剣の道に没頭する。

koufu_11.jpg


おえいは、勝太を変なやつだと思いながらも、
その異相と異常行動に対し、気がおけなくなる。

近藤勇と名乗り、江戸へ修行に行く際、
おえいは自分の気持ちを整理出来なかった。
しかし、女中にめざとく感づかれ、釘をさされる。

・・・・「前略・・・あの子はもう村には帰って来ないよ。
     年寄りがよく言うだろう。
     昔から風変わりな顔つきのやつが村に残ったためしがないって。
     あれさ、あの子も、ああ口が大きくては残れまいよ。・・・」・・・・


侍はこわい (光文社文庫) /司馬遼太郎/ただいま十六歳/より抜粋

強く思う夢は実現する。
京都へ行き、世を旋律させ、大名級の存在となり、
そして破滅の道へ...

昔恋した幼なじみの住む村を大名駕籠に揺られながら何を想っていたか。
甲州城に向かう近藤勇にはもう名残惜しむものはなかっただろう。

koufu_12.jpg





FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。