自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



甲府城 ~異相の剣客の人生~

koufu_9.jpg


近藤勇は幼い頃から大名になることを夢見ていた。
少年の頃の名前は、勝太。
武州南多摩の百姓の子であった。

あるとき、祖父から、先祖は武士であったということを聞いた。
男である以上、「自分には戦国武将の血が流れている。」と思いたい。
そして、武士になる日を信じていた。

koufu_10.jpg


幼なじみの百姓の娘「おえい」に恋をしていたが、
その娘は先祖の主筋にあたるため、
自分は家来だと言うだけで進展はしない。

勝太は、いかつい顔を恨めしく思い、
いつしか剣の道に没頭する。

koufu_11.jpg


おえいは、勝太を変なやつだと思いながらも、
その異相と異常行動に対し、気がおけなくなる。

近藤勇と名乗り、江戸へ修行に行く際、
おえいは自分の気持ちを整理出来なかった。
しかし、女中にめざとく感づかれ、釘をさされる。

・・・・「前略・・・あの子はもう村には帰って来ないよ。
     年寄りがよく言うだろう。
     昔から風変わりな顔つきのやつが村に残ったためしがないって。
     あれさ、あの子も、ああ口が大きくては残れまいよ。・・・」・・・・


侍はこわい (光文社文庫) /司馬遼太郎/ただいま十六歳/より抜粋

強く思う夢は実現する。
京都へ行き、世を旋律させ、大名級の存在となり、
そして破滅の道へ...

昔恋した幼なじみの住む村を大名駕籠に揺られながら何を想っていたか。
甲州城に向かう近藤勇にはもう名残惜しむものはなかっただろう。

koufu_12.jpg





スポンサーサイト

甲府城 ~最後の行軍~

koufu_5.jpg


大政奉還後、京都を戦慄させた新選組
行き場を失い、崩壊寸前だった時期に、
思いもよらぬ情報が入った。

幕府瓦解後の甲州百万石が置き捨てになっている。
甲府城が手に入る。

koufu_6.jpg


近藤勇、勇躍して甲府城攻撃の軍を起こした。
その名も「甲陽鎮撫隊」。

・・・・かつてはこの道を武田信玄の軍勢も通って関東に入り、
    豊臣秀吉の軍勢も通って八王子を攻めたはずの道で、
    あるいは百年前、江戸を発った近藤勇の軍勢がここをのぼり、
    大砲を引きながら甲州(山梨県)へむかった。・・・・


ワイド版 街道をゆく〈1〉甲州街道、長州路ほか
/司馬遼太郎/朝日文芸文庫 より抜粋

koufu_7.jpg


甲府城へ向かう近藤勇の心境はどのようなものだったか。
これが最後の進軍になるとは思っていなかっただろう。
    
koufu_8.jpg




甲府城 ~裁断を待つ城~

koufu_1.jpg


三代将軍、徳川家光の栄光の影で、
一つの命が消えようとしていた。
家光の弟、駿河大納言忠長である。

甲斐甲府城で、やがて下る裁断を待っていた。

koufu_2.jpg


「生まれながらにして将軍」の家光は、
徳川幕府を盤石にしようとする側近達によって
処分されようとしている弟忠長へ
救いの手を延ばす。

しかし、謀反の疑いのある忠長の
処分を寛容にすれば、徳川体制に隙が出来てしまう。

・・・・「春日、その方は何と思うぞ。
     今日の評定でな、駿河を助けようと
     申した者は一人もおらぬ。
     駿河は、それほど皆に憎まれていたのであろうか?」・・・・


徳川家光〈1〉 (山岡荘八歴史文庫)/講談社文庫 より抜粋

koufu_3.jpg


側近達が言葉を濁していたのに反し、
乳母、春日の局ははっきりと忠長の処分の必要性を語ったのであった。

のちに、高崎城に移送された駿河大納言忠長は自害。
家光と徳川体制の影に、若い命を捧げた。

koufu_4.jpg




FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。