自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



高知城 ~名城誕生~

司馬遼太郎 功名が辻〈4〉 (文春文庫)
高知城を築く際の話が出ていて興味深い。

関ヶ原の合戦後、土佐24万石に入国した山内一豊は早速、
上方風の城郭を築こうと考えた。
kochi_1.jpg

場所は大高坂山と呼ばれていた。
長曾我部元親もここに城を築こうと思ったが
排水の悪い土地だったため、あきらめた経緯がある。

河内という名のその土地を、

  「河内という名では水難がありそうで縁起が悪い。
   高知とすればどうだ」

    (中略)

  「高ク知ル、知るは統治するという意味もあり、
   つまりよく統治がゆきとどくという
   縁起よき文字にもなりまするな」


功名が辻〈4〉 (文春文庫)より抜粋

ということで高知の名がここに誕生した。
kochi_4.jpg

kochi_2.jpg

さらに、高知城は長曾我部の残党を防ぐと同時に、
町づくりにも工夫したことが書かれている。

現存している名城の、誕生する過程での山内一豊の思いがありありと伺える小説である。



スポンサーサイト

大坂にのぼる ~南国の蛮王を演出~

もう一つの「大坂入城」続編。

土佐の英雄、長曾我部元親が抵抗むなしく
天下を取った秀吉に拝謁する場面。




元親が独力でほぼ四国全土を切り取る寸前に
織田信長のあとを継いだ秀吉によって、
土佐一国に戻されてしまった。

大坂の城下に入ったのは、朝の九時すぎである。
沿道はびっしりと見物の群れが続いている。
(何と物見高い町よ)と、元親は迷惑するおもいだった。
- 南海道第一の弓取りであるそうな。

そういう好奇心が、町中の人気をよんでいた。
秀吉の四国征伐があまりにも華やかであったために
京大坂の者に、  長曾我部元親 
という名を大きく知らしめた。

そのあたりの図子(路地)裏であそぶ子供さえ
長曽我部というこのめずらしい姓を知っており、
それが秀吉に次ぐ英雄であるかのように認識させていた。

- それが刀折れ矢尽き、憐れみをを乞うて大坂へのぼってくる。

ということが、城下の者にとっては自尊心をこころよく刺激した。

あれほど強かった元親でさえ秀吉卿にはかなわぬ。
大坂城に草履をぬいでのぼらねばならぬはめになったという。
その意味の人気であった。


夏草の賦 [新装版] 下 (文春文庫)より抜粋

地方の英雄は、とかく「蛮王」呼ばわりされ、
中央の英雄は、「正義の王」と偏見されることが多いようだ。

秀吉の偉いのは分かっている。
一方の蛮国の英雄の話を読みたい。
という方にはうってつけの本だと思う。

土佐の一郡から、権謀術数を使い、一領具足の制度を敷き、
精神力と胆力を絞り出すように、とうとう四国を制覇した元親。

しかし、中央の大きな流れには逆らえなかった。

せめてもの救いは、前述した下りの様子だったのだろうか?

いづれにしても大坂城と秀吉の威光は大坂町民の誇りだったに違いない。


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。