自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



伏見城 ~陽の役者、陰の役者~

fushimi_5.jpg

闇に紛れてその男はやって来た。
伊賀の忍び、葛籠重蔵
最後の伊賀者である。

故郷、伊賀の里を織田信長によって
滅ぼされた恨みをその後継者である
秀吉に向けたのである。

fushimi_6.jpg

現世に君臨する秀吉
闇の世界に生きる重蔵。

ついに欲望渦巻く伏見城で両者は合間見えた。

fushimi_7.jpg

ふいをつかれた秀吉であったが、
さすが大地の王者らしく振舞おうとするが、
今は漆喰の夜。
葛籠重蔵のほうに分があった。

伏見城の黄金の天守閣は、
昼でこそその威容を誇るが、
闇夜では、その威容がかえって不気味さを
かもし出している。

両者、少しでも相手より上段に立とうと
緩急自在の弁舌を繰り返した。

それに飽きた重蔵が、
ついに秀吉に手をかけた。

・・・・「とんだ、茶番だったな、秀吉」・・・・
                       
   梟の城 (新潮文庫) /司馬遼太郎/より抜粋


重蔵が重圧に負けた。
と、見るか、最初から秀吉の負けだったのか。
それとも夢だったのか。
歴史に残らぬ出来事であった。

fushimi_8.jpg



スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。