自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



福岡城 ~去った武将の価値~

黒田長政の家臣、後藤又兵衛基次は、
朝鮮の役の際に名声を高めた。

fukuoka_5.jpg

戦役から帰ってきた武士達は
口々に又兵衛の鬼神のような働きを
褒め称えた。

・・・・たいていの武士は、
    朝鮮における基次の装束まで憶えていた。
    銀の天衝を前立にした兜をかぶり、
    黒幌をかけた基次が敵陣へ突き入ると、
    まるで野分に吹き倒される草のように
    明軍はみだれたという・・・・・


言い触らし団右衛門 (中公文庫)司馬遼太郎/売ろう物語 より抜粋

fukuoka_6.jpg


そんな筑前黒田五十二万石の福岡城下から
後藤又兵衛は去って行った。
主人の黒田長政との不和であった。

一万六千石の大身であった又兵衛を
隣国の細川忠興は二万石、
安芸の福島正則は三万石、
姫路の池田輝政は三万五千石で取り立てようと動いた。。
いづれも又兵衛は仕官を断った。

断るたびに男の価値が上がっていったという。

fukuoka_7.jpg


そのうちに大坂-江戸が不和になり、
後藤又兵衛は豊臣方の武将として
大坂城へ入城、夏の陣で道明寺口で討ち死にした。

最後は徳川方から五十万石の価値がついたという。
男冥利につきるものである。

fukuoka_8.jpg




スポンサーサイト

福岡城 ~大封のかげで~

fukuoka_1.jpg

「その時、そちの左手は何をしていた。」
黒田如水と息子の黒田長政の有名な話だ。

黒田長政ほど、戦国時代の大物達に翻弄された
武将も少ないかもしれない。

fukuoka_2.jpg


幼少の頃、人質として信長のもとに預けられ、
父官兵衛の裏切りの疑惑のため、
信長に「切ってしまえ」と言われた。
その際にかくまってくれたのが、竹中半兵衛だった。

成人し、猪突猛進型の武将として
偉大な父に対抗していた時期もある。

また、秀吉の命で朝鮮出兵もし、
朝鮮の武将と一騎打ちで命を落としそうにもなった。

最後には家康の裏工作の主役として、
豊臣恩顧の大名たちを次々と徳川方に味方させた。

fukuoka_3.jpg


そうして与えられた筑前五十二万石。
偉大な父には分からぬ苦労もあったであろう。

・・・・那珂郡敬固村の近くの福崎のの地がよい
    ということになって、山を利用して城を築き、
    郭をかまえ、四方に濠をめぐらして、
    築城し、福岡城と呼ぶことにした。・・・・


黒田長政 より抜粋

黒田家の先祖が、備前の福岡の里というところに
住んでいたことにちなんだ。

「親心、子知らず」などと言われるが、
無鉄砲な隠居爺の影で着実に出世をしていく息子。

そのおかげで大きな夢を馳せつつ、隠居できるのである。
「子の心、親知らず」である。
fukuoka_4.jpg




FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。