自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



上田城 ~軍事芸術家のひとり舞台~

上田城 その2

どうしたらここまで巧く出来るのか?
再び真田軍が徳川軍を翻弄した。

関ヶ原での大会戦が行われる直前に、
上田城で真田昌幸、幸村父子がまたしても徳川軍に
戦いを挑み、関ヶ原に向かうはずの徳川秀忠軍を足止めした。

ueda040312_8.jpg


この有名な下りは様々な小説に出てくるが、
ここでは真田太平記〈7〉関ケ原 (新潮文庫)から引用したい。

家康本隊と別行動を取っていた秀忠軍三万八千は信州小諸に着陣した。
ここから上田城で東軍に反旗をひるがえす真田昌幸へ、
「開城せよ」と使者を差し向ける。

信濃国分寺で昌幸は、長男で東軍に汲みしている真田信幸と本多忠政と交渉する。
「上田城を明け渡す。清掃のために三日欲しい」と昌幸。

若い本多忠政は、その言葉に興奮し身を乗り出す。
しかし、父昌幸の本心を見抜いている信幸は無表情でうつむいている。
以前、第一次上田合戦で徳川軍は真田軍に大敗を喫したことで、
今でもうかつに攻め掛かるのを恐れているのである。

果たして、約束の期日になっても城を明け渡す様子がない。
しびれを切らした秀忠が偵察隊を上田城に向かわせると、明け渡しどころではない。
まさに戦の準備が完了しており、真田の六文銭が翻っている。

激怒した秀忠が使者を使わせると、「攻めるなら攻めて見よ」と昌幸。

翌朝、秀忠軍が支城の砥石城に攻め寄せる。先鋒は真田信幸である。
守るのは、その弟の真田幸村
だが幸村は山腹の道を辿って、城を明け渡して上田城に籠もってしまう。
信幸は苦虫を噛みつぶしたような顔をしていた。

ueda040312_12.jpg


さて、真田兄弟の微妙な駆け引きを知らない秀忠本陣は、
砥石城を手に入れられたことに気をよくして、
ここに押さえの兵を入れ、秀忠本軍は美濃へ急ぐ。

しかし、ここからが真田兵法の真骨頂。
先を急ぐ徳川軍に芸術敵な挑発をしかけ、
敗走を装いつつ罠のある方向へおびき出す。

挙げ句のはてには、徳川主力部隊が挑発に引っかかり、
手痛い損害を受けることになった。

再び小諸に本陣を戻した秀忠軍に、急ぎ美濃に入れと言う
家康からの使者が本陣に来た。

しかし、真田の奇襲を恐れた秀忠軍は押さえの兵をおき、
さらに、大軍の行軍には不向きな山道で遠回りし、
結果的に関ヶ原の合戦に間に合わなかった。

街道をゆく (9) (朝日文芸文庫)には以下のように書かれている。、

   <戦術の本道は、戦う前に敵を圧倒できるだけの兵力、火力、兵糧を
    集中することだが、ただし軍事における日本美はそれとは異なり、
    寡(か)をもって衆(しゅう)に勝つという曲芸じみたものをもって
    正統とする風があった。が、そのくせ明治以前の戦史では
    その好例はすくなく、せいぜい源義経、楠木正成、
    それにこの真田昌幸の例があるくらいである。

    この三人の例のなかでも、昌幸の場合は知能的にもっともすぐれているといっていい。
    かれは義経や正成と同様、政略や調略を用いて敵を腐敗させたり、
    利をあたえて敵の有力者を寝返らせたりするような手を用いず、
    徹底的に軍事的で、その巧緻さは、それを芸術的に楽しんでいるのではないかと
    思わせるほどだった。 ~ 以下省略>


昌幸はその後、高野山の九度山で死ぬが、もっと暴れあせてあげたかった。
しかし、それは息子の幸村へと引き継がれていくことになった。

ueda040312_16.jpg




スポンサーサイト

上田城 ~名声を広めた渾身一滴の防戦~

現在の上田城を見ても、古地図を見ても
なぜ、この城郭の造りで徳川軍を二度も撃退出来たのか
不思議に思う。

ueda040312_1.jpg


小説を読むと、小気味の良い変幻自在の戦術で
徳川軍を翻弄し、攻め悩ましたシーンがありありと思い浮かぶ。

そんなことで、上田城を訪れてみたが、
容易に小説のシーンと符合しない。

それはともかく、第一次上田合戦とも神川合戦とも呼ばれる
徳川軍との攻防戦は戦国時代でも有数の名勝負だったと思う。

真田家当主、真田昌幸は信長亡きあとの徳川、北条、上杉による
信州争奪戦を早くに洞察し、上田築城に取り掛かっていた。

昌幸には大勢力に挟まれた小勢力の悲哀など表に見せることなく、
独立大名への野望を独自の遊泳術で切り開こうとしていた。

徳川-北条間による領地交換の条件の中の、
真田領である沼田城を開けることを拒否したことから
徳川軍の上田攻めが始まった。

ueda040312_15.jpg


すでに山城は時代遅れ。上田城は平城。
7千の大軍で攻めれば、2千の小勢力の平城は
いともたやすく攻め落とされると予想された。

しかし、そこに罠があった。
果敢に徳川軍に突撃した真田信幸は機を見て退却に移った。
それを怒濤のように追いまくる徳川軍。

そして、三の丸に徳川軍が充満するやいなや、
得意のゲリラ戦法で嫌と言うほど叩きまくった。

攻め手は大パニックで、川や堀に落とされる者、
槍で付きまくられる者、大木を落とされる者、
阿鼻叫喚の地獄絵図の状態だったと想像出来る。

  <むかし、むかし、南北朝のころの武将・楠政成が、
   後醍醐天皇の鎌倉幕府征討に味方をしたとき、
   幕府軍に包囲された河内の千早城へ立てこもり、
   油に火をつけて落としたり、石や木を落としたりして、
   敵軍を大いに悩ましたというが....。

   いま、ここで、このような古めかしい反撃に出合おうとは、
   徳川軍のまったく予期していなかったことだ。>


真田太平記〈3〉上田攻め (新潮文庫)より抜粋

徳川軍はやがて、損害も多くあきらめて引き上げていった。

昌幸の祖父、幸隆から引き継いだ真田戦術は、
昌幸の名声と共に天下に響き渡った。

ueda040312_6.jpg




FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。