自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



姫路城 ~英雄を育てた地~

黒田官兵衛についてもうひとつ。

播磨灘物語〈1〉 (講談社文庫)には、
黒田家は近江黒田村の出だが、
後に備前福岡に移り住んだと書かれている。



そして、官兵衛の祖父重隆の時に姫路に移り住み
家伝の目薬で一躍、身代を大きくした。

さらに、この元手で近在の人々に無担保、低金利で
貸し出した。当時としては破格のふるまいだった。

その代わり、この人々を一時家臣とした。
その数、200人であったそうだ。

この家臣団を息子の職隆(兵庫助・官兵衛の父)に預け
東播州の小寺氏の被官になった。

職隆は姫路で狼藉する香山(かぐやま)衆を奇襲し。、
奪った所領は小寺氏に渡し、住民に対しては安堵させる処置をして、
姫路に黒田氏ありと知らしめた。

この下りなど、後の黒田如水の九州での決起は
お家芸だったのかと思わせる。

この手柄によって、当時空き城だった姫路城を任された。

20070513205752.jpg

こういう経歴を読むと、黒田家の人々は
時代の先読みに長けていたことを再認識させられる。
そして官兵衛が織田信長、羽柴秀吉に賭けたことも
特殊な能力を授かっていたのかもしれない。

また、官兵衛がまだ二十歳前後で京にのぼった際に、
堺で司祭ビレラと知り合い、質問している場面が印象に残る。

  (官兵衛はいくつも質問した。
   ポルトガルから日本まで航海する日数、方向をどのように維持するのかということ。

   ・・・中略・・・

   人間の生とは何かということ、
   死が状態なのか生が状態なのかということ、

   それら宇宙と地球の上でのすべてをつかさどっているのはただひとりの神である
   ということなどを質問したり聴いたりした。)

      
播磨灘物語〈1〉 (講談社文庫)より抜粋

小説風に表現すると、こうなるのであろうが、
後の黒田官兵衛から想像すると、
このようなことを考えていてもおかしくはないだろう。

まさに大物だったのであろう。





スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。