自己紹介

ヒデムラ

妻が運営している「ご当地ですよ!」というサイトの中に、百名城のコメントを書いてくれと頼まれたことがきっかけで、ブログを始めました。
元々好きだった日本各地の城を実際に一つずつ訪ねる旅は、時間がかかることですが、思わぬ楽しみとなっています。

ヒデムラの百名城
ヒデムラの百名城

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

ご当地関連リンク

このブログをリンクに追加する

関連キーワード

司馬遼太郎 秀吉 豊臣秀吉 小田原城 小田原 北条早雲 池波正太郎 躑躅ヶ崎館 家康 江戸城 甲府城 二条城 徳川慶喜 近藤勇 姫路城 加藤清正 伏見城 大坂城 新選組 伊達政宗 松平容保 会津 駿府 山本勘助 箱根 熊本城 武田信玄 福岡城  黒田如水 長曾我部元親 高知城 真田昌幸 大坂冬の陣 黒田官兵衛 真田幸隆 姫路 関ヶ原 ご当地 真田丸 石垣山 新撰組 織田信長 上田城 高知 山内一豊 高杉晋作 吉田東洋 長宗我部 吉田松陰 世に棲む日々 真田信幸 坂本竜馬 真田幸村 六文銭 毛利 秀頼 秀忠 丹羽長重 片倉景綱 藤堂高虎 白河城 佐藤宮内 世良修蔵 鶴ヶ城 山川大蔵 佐川官兵衛 西郷隆盛 細谷十太夫 衝撃隊 信玄 高坂昌信 海津城 上杉謙信 北条 早雲 からす組 葛籠重蔵 鳥居元忠 川越城 彼岸獅子 会津藩 二本松城 蒲生氏郷 二本松 二本松藩 駿府城 川中島 今川氏 駿河 今川義元 徳川家康 後藤又兵衛 黒田長政 太田道灌 孝明天皇 会津若松 白虎隊 武田晴信 忍者 御旗 盾無 甲斐 宇土櫓 

 

見出し東北
二本松 鶴ヶ城 白河城
二本松城 鶴ヶ城 白河城
見出し関東甲信越
上田城 躑躅ヶ崎 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
上田城 躑躅ヶ崎館 甲府城 江戸城 小田原城 石垣山城 川越城
川越城
川越城
中部東海 近畿
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
駿府城 大阪城 姫路城 二条城 伏見城
四国中国 九州
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城
高知城 萩城 松江城 月山富田城 福岡城 熊本城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



二本松城 ~少年隊への伝統~

蒲生氏郷が黒川城(後の会津若松城)を拠点としていた時期、
二本松城はその支城であった。
しかし、現在の感覚では、「ずいぶんと立派な支城だった」と感じる。
会津120万石級のスケールの大きさを感じる。

二本松11


そのはるか後、戊辰戦争の後半というべき時期に、
会津白虎隊の悲劇に先立って
二本松少年隊の悲劇もあったが、
全国的には資料が少ない。

・・・・・歴史は常に勝者によって創られる。
     敗者の真実の姿は記録にとどめられることは少ない。・・・・
     
会津士魂〈9〉二本松少年隊 (集英社文庫) より抜粋

二本松09

その二本松少年隊の背景を探ってみた。

にわかに新政府を認められず、
または徳川氏に恩義を想う諸藩が
奥羽列藩同盟を結んだが、
戦況によって次々と脱藩していった中、
二本松藩は違った。

・・・・・二本松丹羽氏は外様である。
     倒幕急進派の西軍首脳の目から見れば、
     ほどほどのところで降伏するはずだったのだ。

     たとえ外様でも、二本松藩には士魂が生きていた。
     奥羽列藩同盟に加わったことを悔やむ藩もある。
     西軍の進撃を見て節を変えた藩もあったし、
     分裂したところもある。

     だが丹羽一門はそうではなかった。
     当初から会津と運命を倶にする決意を変えなかった。・・・・

会津士魂〈9〉二本松少年隊 (集英社文庫) より抜粋

二本松10

そんな家風の中から生まれた二本松藩の悲劇だが、
後世にも丹羽氏の士魂たるものが、
今の二本松の町の人々の中に生きている気がした。

二本松12



スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。